原初感覚による気の感知技術

漢方薬

漢方薬治療について

漢方薬は鍼灸・湯液(=漢方薬)治効同一論にあるように、経絡の変動の調整をおこなうための方剤です。

西洋薬のように神経系に作用して痛みをブロックするような効き方をするのではなく、あくまで経絡の調整による自然治癒力の賦活を目的としています。

西洋薬のような速攻性には乏しいのですが、その代わり体質を助けるようにじわじわと効果を現してきます。

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional